もともと胸がないわけではないのですが(Dカップ)、離れ胸なこともあり、サイズの割に見た目が全然大きくないことが気になっていました。世の中のDカップのグラドルを見て、どうしたらサイズに見た目が追いつくのか考えていました。
乳輪、乳首の黒ずみ対策ではピンキッシュボーテがおすすめです。

一つ目は毎日お風呂でリンパマッサージを5~10分ほどしていました。やり方はTwitterに載っていたのでそれを真似たのですが、気持ちいいだけでなんの効果もありませんでした。2つ目はバストアップにはエストロゲンという女性ホルモンが効果的なので、エストロゲンと同じような効果のある大豆イソフラボンを摂取するために無調整豆乳を毎朝飲んでました。これは少し効果があったような気がしますが、辞めたら元に戻りました。
小学校を卒業する時はdカップだった私のバストですが10代でのムリなダイエットで一気にbカップになり、出産後の授乳で形もどんどん崩れました。ただでさえ小さくなった胸が下に下がったので夏はTシャツがブラジャーの隙間に入りこんだりして、そこからバストアップを考え始めました 大きさというよりも現在はハリが欲しいので、胸筋を鍛える様に努力しております。ながら運動が多いですが、よくテレビなんかでも見る両手を胸の前で合わせて押し合うものや腕立て伏せもしています。胸が大きくなる育乳ブラや、大きく綺麗に見える美乳ブラなども愛用しています。就寝時はノーブラ派でしたが、現在はナイトブラを使っています

今年、私は入院している期間がありました。病室内には、常にエアコンがついていました。その為とても乾燥していて、私は普段極力 エアコンを使わず生活をしているので不自由でした。自分としては、3週間の入院期間中に慣れていた気がしていましたが、それは肌にとっては気のせいだったようです。
乾燥した環境にいた肌は、元の生活に戻ってからも乾燥してしまっていました。水分が不足して、乾燥している訳なので退院後はとにかく保湿を心掛けました。
そのうち、やみくもに化粧水を多くつけていても、全く潤っていない状態で悩むことになりました。
そうして、化粧水の前のスキンケアの工程を見直していくうちに導入化粧水の存在を知ることになります。
この導入化粧水とは、古い角質によって化粧水が浸透しない状態の肌を改善するものです。
本来の化粧水が持っている力を最大限発揮できるように、古い角質を取り除く。
よくドラッグストアなどでは、ふき取り化粧水という名前で売っているものです。
わたしは、このふき取り化粧水を使うようになってから肌のごわつきが改善された気がしています。
そして、ふき取り化粧水と毎朝のパックにより乾燥していた肌質が徐々に改善されている最中です。
普段行っている美容法は身体の代謝を上げることです。定期的に運動(激しい運動はしません)はしています。特にヨガなどの呼吸をする運動をします。適度な運動をするようになってからは体温が1度上がりました。
また自宅の湯船にも浸かるようにしていますが、定期的に近くの銭湯にいって、しっかり身体をあたためるようにしています。近くの銭湯には黒湯という保湿作用の強い温泉が湧いているのでそれが目的の一つです。
他に行っている美容法としては単純ですが、しっかり保湿をする事です。肌荒れやニキビ、シワやシミの原因は乾燥ともいわれます。化粧水にこだわりはありませんが、ビタミン、セラミドなどが配合されているものを使用し、洗顔後にはすぐさま保湿をします。化粧水や乳液、美容液も一つ一つがしっかりと浸透してから重ねてつけないと意味がないと聞いた事があるので、取り入れています。
脱毛の処理は基本的にはカミソリで行いますが、カミソリだとカミソリの刃が肌を擦って乾燥させてしまうので、処理後はローションやボディクリームでしっかり保湿しています。
カミソリより電気シェーバーの方が肌には優しいと聞いた事があるので、そちらに変えようかとも検討中です。