冷凍おせちの解凍方法

おせちを美味しく食べる為には、上手に解凍することが大切です。
基本的な解凍方法として、お勧めなのが「低温解凍」
時間をかけてじっくり解凍していく方法なので、ドリップも少なく、味も損ないません。

室内の5~10度以下の、室内冷暗所で解凍する場合、重箱を風呂敷で包んだまま、12~24時間置いたままにしておけば、
美味しい汗地が食べられます。商品にもよるので、途中で解凍状態を確認することが、失敗しないコツです。

せっかく買い求めたおせち料理ですから、さらに美味しくいただきたいですよね。
その場合は、冷蔵庫内5℃前後の状態での解凍がお勧めです。
冷蔵庫の容量に余裕があるなら、重箱は風呂敷で包んだまま、重ねて冷蔵庫にしまいます。
解凍時間は、庫内環境や商品によって、かなり差が出てきますが、概ね24~30時間を目安にすると良いでしょう。
重箱を重ねて入れられない場合は、一段ずつラップで包んで、冷蔵庫にしまえばOKです。
解凍時間は、少し長めに余裕を持たせると、食べたいときに、まだ凍っていてシャリシャリする。
という失敗をしなくて済みます。

急な来客で、急いで解凍したい場合は、常温解凍してください。
室温10~20℃前後の室内に置いておくと、短い時間で解凍できます。
ただし、常温解凍の場合、ドリップも出やすいですし、気温が高い室内に、長時間放置しておくと、食材が変質してしまう可能性があるので注意が必要です。

祐人シェフの宝船おせちの口コミと評判 辛口コメント!
林祐人シェフ おせちの口コミ
林祐人のおせち宝船

とにかく、豪華絢爛の自慢できるおせちです。まさに宝船です。何品あるのかとっさに数えられませんよね?のおせちをみんなで食べながら華やかなお正月を過ごせば、幸せな一年が来るようなきがしませんか?
ハレの日をこの大きなおせちをみんなで囲んで楽しんで欲しいです。そして、このおせちはまだ完成ではありません。
汁物や家族の好きなものを少し作っておせちのまわりに並べて初めておせちは完成です。思い出に残るお正月を楽しんでください。

家庭では難しいふっくら艶々の黒豆にはおしみなく金粉をまぶしてあります。
数の子は色良し形よしのふっくら大型。みんなで分けても、一人で頬張っても。
しっかりと味の染みたこんにゃくも家庭の味とはまた違ったおいしさを秘めています。

蓋を開ければすぐ食べられて大変便利です。別容器に移して温め直したりする必要はありません。一々説明書を読んだり、する必要がなくてお手軽です。そして、冷凍おせちのようなべちょべちょした嫌な感じもまったくありません。

安全を重視していて、中国産の主原料は一切使っていません人工保存料も不使用です。
合成着色料も使っていません。色とりどりの華やかなお節ですが、全て天然の食品の素材の色です。お年寄りから小さなお子様みんなで楽しめるように作ってあります。