おせち料理の中身のいわれ・意味

たつくり
たつくり(田作り)の材料となるカタクチイワシの稚魚は、良い肥料として江戸時代に田植えなどの農作に用いられたと伝えられています。別名はゴマメ(五万米)と呼ばれ、いずれの呼び名も農作に由来しており、農作物の「豊作」を祈願しておせちに入れられる一品です。

伊達巻
「伊達巻」は江戸時代、長崎から江戸に伝えられた「カステラかまぼこ」が当時おしゃれな人たち(伊達者)が着用していた着物に似ていたことから、「伊達巻」と呼ばれるようになり、当時、大事な書物や絵画は巻物にされていたことと「伊達(しゃれている)」という華やいだイメージから縁起担ぎにおせち料理に入れられているとのことです。

栗きんとん
栗金団はその鮮やかな金色から、黄金に見立てられることから、金運をもたらす縁起物として、おせちに入れられています。
また、栗は勝ち栗に使われることから、勝ち運の意味合いが込められる時もあります。

紅白なます
紅白なますには、人参や大根を使い紅白を表しています。
紅白は「おめでたい」という意味で、お祝い事にはよく出てくるそうです。
また、紅白なますは紅白の水引きを表しているという説もあるそうです。

昆布巻き
昆布巻きは、「喜ぶ」の言葉の語呂合わせから縁起が良い食べ物としておせちの一品に加わっています。また「昆布」の読みに子が生まれるという意味の「子生」という字を当てることで、子孫繁栄も願っています。

くわい
大きな芽が出ることから「めでたい」、芽が出るということで、出世を願うものです。 クチナシで黄色に着色することで財(お金や豊かさ)をも願っています。旧仮名遣いで、「か」を「くわ」とすることから、くわい、つまり、かい(快)ということで、一年を快よく過ごせるように、という説もあります。


鯛は「めでたい」に通じることから縁起物の定番であり、さらに七福神の一人である大黒様が抱えていることが多いことも相俟って、幸運の縁起物としておせちに入れられています。

海老
海老には長いひげが生え、腰が曲がっている為、その姿形から長生きの願いが込められています。又、朱色には魔よけの効果があるともされています。それ以外にも、朱色が晴れやかである為、祝肴として使われるようになったという説もあります。

黒豆
黒豆には一年中元気に働けるようにという願いが込められています。『まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らす』ということは人間にとって一番大事なことなので、おせち料理には欠かせないメニューとなっています。又、黒豆の黒色には邪気を払うという効果もあります。

数の子
数の子には子孫繁栄の願いが込められています。数の子はニシンの卵であり、そのニシンには沢山の卵が詰まっていることから、『多くの子が出るのでめでたい』と考えられるようになりました。数の子は古くから使われていた食材でもあります。

錦玉子
錦玉子は黄色と白の色合いが特徴的ですが、この黄色と白色を金銀に見立てて、財産や富が集まるようにとの願いが込められています。また、黄色と白色の二色を使っていることから、錦(にしき)と名付けられ、華やかさの象徴としての意味合いもあります。

かまぼこ
かまぼこは形状は日の出の形に似てることから新しい門出を表しております。
またおせちには紅白かまぼこが使われており、赤には魔除け、白には清らかの意味があり縁起が良いとされております。

くるみ
くるみは堅い殻の実がつき、その堅い殻が実を守っていることから、実を家族、家庭に見立てて、家族を災難などから守り、家庭が円満に無事に発展し、実っていくことを願って入れられるものです。